スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
神に祈る
京セラが年商5億だった頃、IBMから1億5千万円の仕事を受注した。
稲盛氏は金額もさることながら、IBMが京セラのような中小企業の技術を認め、
技術水準の高い仕事を任せてくれたことに奮い立った。
昼夜問わずの作業だった。
ある日の深夜、工場に激励にいった稲盛氏の目に、
工場の片隅にうずくまる社員の姿がとまった。
社員は「今日もうまくいきませんでした」と泣いていたという。
稲盛氏は「神に祈ったか?」と言ったらしい。
人力の限りを尽くしたあとは祈るしかない。
そうしたときに天地は不思議な力を与えてくれるのだと。
この上ない人事を尽くした者にこそある説得力だ。

自分は神に祈るほどの人事を尽くしたことがあるだろうか。
つくづく、まだまだである。
[2008/02/15 12:34] | 偉人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<年齢を超えて | ホーム | 良心>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ichi5638.blog22.fc2.com/tb.php/56-d5bc6ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。