スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
同期のS谷先輩
昨年卒業されたS谷先輩は自分と同期入会で、JCの在籍が2年だった。
2年目、すなわち卒業年度に果敢に委員長職に挑まれた。
我々同期の中で先陣を切って委員長職をまっとうされたのだ。
S谷先輩はおそらく「よく知らないからこそできることを」という想いがあったに違いない。
普通では経験することのない、大変なこともあっただろう。
本当によくがんばられたと思う。
同期にそんなすばらしい先輩がいるからこそ、自分もまたがんばれる。
S谷先輩からみれば自分は恵まれた状況で委員長職をさせていただいていると思うからだ。
自分は1年目、アカデミー委員会でほとんど楽しいことばかりを経験した。
そして2年目、「あれ?こんなはずじゃないのに」という状況に遭遇する。
副委員長をお受けしたにもかかわらず、
委員会運営をどうしたらいいのかさっぱりわからない。
人の時間を預かり、なにかをすることの難しさを知った。
そんな経験をさせてもらってからの委員長職。
いきなりのS谷先輩より恵まれているといわなければならない。
しかし、自分はS谷先輩ほどちゃんとできているだろうか。
そんなことを考えると、まだまだ真剣さが足りないと思わされる。

まだはじまったばかり。
自問自答を繰り返しながら、「今よりもっと!」の気持ちを忘れずに突っ走りたい。

少しずつ、あの言葉が自分のものになっていくような気がする。

「楽しくなければJCじゃない。楽しいだけではJCじゃない。」

[2008/02/12 00:51] | JC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<三浦綾子さん | ホーム | 失敗から学ぶ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ichi5638.blog22.fc2.com/tb.php/53-7aabf60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。