スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
7月度例会
前の例会が終わって数日でまた例会というのは、
多分自分がJCへ入ってから初めてではないだろうか。

今回7月度例会はディベーターとしての参加で、
いささか緊張もあり、これまた初めて味わう感覚だった。

ディベートという手法を使って、
公益法人制度改革に対して、メンバーが理解を深めるため、
そして我々の組織が向かうべき方向に対して、
皆の意志統一をはかる重要な例会。

これまでのI黒委員長、
そして総務広報委員会メンバーのがんばりを目の当たりにしてきただけに、
緊張感にも拍車がかかった。

自分としてはディベートにいっぱいいっぱいだったが、
メンバーの皆さんから、「いい例会だった」という言葉を聞き、
本当にうれしかった。
I黒委員長や総務広報委員会のメンバーは、もっとに違いない。

公益法人取得に対し、否定側のディベーターとして参加した自分としては、
周りのメンバーから、いろいろなことを教わりながら、
一般社団のメリットを探す作業をしていたわけだが、
探せば探すほど、わかってきたことがある。
O谷直直前のスローガンではないが、
一般社団で出てくるメリットは、「知恵と情熱を結集」すれば、
公益社団でも可能なことばかりであるということ。

ならばこれまで、公益的な組織であった射水JCが、
一般社団を取得する理由は、
どこにも見当たらない。



[2008/07/02 20:53] | JC | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ここからがヤマ | ホーム | リハ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ichi5638.blog22.fc2.com/tb.php/194-6759a9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。