スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
保育の神
埼玉県深谷市に「保育の神様」とよばれる斉藤公子さんという方がいる。
「リズムあそび」という独自の保育法で健常者のみならず、
多くの障害をかかえる子供たちを自立へ導いておられる。

10年ほど前、重度の障害をかかえるオランダの子が斉藤さんのもとに訪れた。
名前はトスカ。1歳にも満たない女の子だ。
チューブで鼻から栄養を補給し、食事をとることはおろか、
目もほとんど見えない状態だった。
斉藤さんが確立した「リズムあそび」は「金魚運動」「両生類ハイハイ運動」など、
床に寝そべって、音楽の変化に合わせて体を動かすことで、
障害をかかえる子供までもを心身ともに元気にしてきた。
しかし、トスカの場合はそれができない。
斉藤さんはまず、目が見える状態にしたいと考え、
向き合うようにして抱きかかえ、「トスカ、トスカ」とやさしく呼びかけながら、
自然にクルクル回ってしまうトスカの目と視線が合うまで気長に揺さぶった。
やがて目が合い、にっこりと微笑むようになった。
2ヶ月ほどするとおっぱいを飲むようにまでなった。
しかし、トスカの母親は第2子を妊娠中で、トスカをつれて帰国。
聞くと、両親とも忙しく、トスカを部屋に寝かせっぱなしの状態だという。
このままではトスカの可能性は閉ざされてしまうと思った斉藤さんは、
自費で3度オランダへ。
一日中、トスカのそばで歌を歌って聞かせたり、
寝返りや、金魚運動をさせた。
第2子が生まれて10ヶ月になった頃、トスカの一家は再び来日。
トスカが2歳と10ヶ月になるまで、斉藤さんのもとで生活をした。
斉藤さんはトスカ一家に自宅を提供し、自分はトタン屋根の一軒家を借りた。
肉体的な疲労も重なり、すでに70歳半ばだった斉藤さんはいつ倒れてもおかしくない状態だったが、
「トスカのことは最後の務め」という一念で乗り越えた。
オランダに帰る前、ある優秀な小児科医の協力で、
トスカに口から食物をとることを教え、鼻のチューブを抜き取り、
元気な女の子に成長している。トスカは現在11歳。
重度の障害児であったことを考えると、医学の常識では考えられない、
劇的な回復をみせているという。
感激したトスカの両親は、現在斉藤さんの療育法を取り入れた施設をオランダに開設し、
同じような病気を抱える家族のための相談や支援にあたっている。

斉藤さんの情熱と献身的な愛につよく胸をうたれた。
そしてその斉藤さんの想いが、遠く海の向こうへ波及し、
愛のこだまとなって響き渡っていることに感動をおぼえずにはいられない。
[2008/05/02 21:49] | 偉人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ふと思い出した | ホーム | 成長>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ichi5638.blog22.fc2.com/tb.php/133-24f92b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。